介護や医療機関のスタッフに親密な一体感を

命を預かるという重責を担う介護・医療現場に従事する誇り高き方々のためにPHSや電話では実現出来ない画期的な機能をご提供します。

  • HOME
  • 介護や医療機関のスタッフに親密な一体感を

スタッフ間の距離を気にしない

入居者(患者様)のお部屋にいながら、違うフロアのスタッフと話したい時や、遠く離れたナースステーションとの迅速な連絡がとれないケースがあります。
スカイトランシーバーなら会話をスタッフ全員で共有出来るので、業務連絡が滞りなく行えます。また、たとえ聞き逃したとしてもメッセージは自動で録音されているのでいつでも聞き直すことが可能なので、わざわざ聞き直す必要もありません。もちろん、大声で話すこともなくなりますので患者さんを驚かさずに済みます。

緊急事態に慌てることがない

緊急入院などが発生すると受付や事務の担当から補助者に連絡がいくなどの伝言ゲームが行われるため、どうしても対応がスムーズにいかない場合があります。
スカイトランシーバーでは一斉通話が可能なので、関わるスタッフ全員に同時に連絡が届くため伝達が非常に簡単です。この機能を使えば患者様のご家族がご来院された際などに玄関でお出迎えすることも可能になります。携帯電話回線を利用しますので微弱電波の無線機では届かない壁の向こうや建物の内外も問いません。

業務連絡とナースコールを混同しない

老人福祉施設ではスタッフ間の業務連絡をナースコールで行うケースがみられますが、それでは患者様の緊急コールと混ざってしまうため緊急度の区別が付き難い状況です。
スカイトランシーバーの個別通話機能を利用することで特定のスタッフに直接連絡することが可能なので、そのような混同がなくなって各々の業務に安心して専念することができます。また、夜間にスタッフが少なくなるような場合でも経験豊富な先輩にピンポイントで相談ができますので、新人看護師・介護士の方の心強い味方になります。

外出中のスタッフとも連絡が取れる

訪問介護や休憩などで外出中のスタッフに連絡を取る場合、個別に電話を掛ける必要がありました。外なので時には聞き取りにくいこともあります。
スカイトランシーバーは携帯電話回線(3G/LTE)を使った通信を行いますので、電波が届いている地域であればどこでも通話できます。
さらに、外出中のスタッフの位置を把握する機能がありますので、もう探し回ることもありません。