本番を裏で支えるプロフェッショナル達のために

何日も何週間も前から準備を重ね、当日は失敗が許されない一発勝負。
スカイトランシーバーはその緊張感に耐え抜くための鉄壁のコミュニケーションツールです。

  • HOME
  • 本番を裏で支えるプロフェッショナル達のために

スタッフ全員が連絡事項を聞き逃さない

従来のトランシーバーは運営スタッフ全員に持たせることがコスト的に難しく、どうしても口頭や電話、メッセンジャーなどを併用するしかありませんでした。
スカイトランシーバーなら月額利用料は1ユーザー1,000円 [税別]なので、アプリを各スタッフのスマホにインストールし、ユーザー登録を済ませた瞬間から利用することができますので、全員もれなく通信手段を共有することができます。また、無線機との二台持ちなど、沢山の機器を身につける煩わしさからも解放されます。

初心者からベテランまでが使い慣れた機器を

合理的だと分かっていても、慣れ親しんだトランシーバーを使いこなすベテランと、アプリを使い慣れた世代がIP無線で通信網を共有することはこれまで不可能でした。
スカイトランシーバーには専用ゲートウェイ(オプション)がありますので、これを利用することでそれが可能になります。既存の無線機との相互通話が可能になるため、今お使いの機器を生かしてスタッフ間でスムーズな連絡ができます。これからは使いたい無線ツールで実力を発揮してください。

会場の中でも外でも繋がる

トランシーバーでは通話する距離に限界があり、厚い壁などの障害物があると聞き取りにくいなどの弊害もあるので、遠い場所にいるスタッフとは電話などと併用せざるを得ませんでした。
スカイトランシーバーは携帯電話回線(3G/LTE)を利用しているため、会場の内外はもちろん遠く離れた場所にいるスタッフとも会話をすることができます。当然、混信もないため他の事業者との誤通信や情報漏れもなく、安心して広範囲でご活用頂けます。

両手が使えるヘッドセットに対応

ほとんどのアプリは画面操作が必要なので、薄暗い現場や両手が塞がってるとき、あるいは軍手などで操作がしにくいケースがあります。
スカイトランシーバーにはヘッドセットと連動する機能が標準装備されていますので、会場内を動き回りながら、何かを持ちながらなど、画面をいちいち確認しなくても操作することができます。(ヘッドセットは別途お買い求め下さい)さらに、万が一聞き逃しても録音機能でいつでも聞き直す事が可能です。