PHSを乗り換えようと思ったときに貴方が知っておくべきこと
その場しのぎでごまかした不便さの数々

PHSはハッキリ言って「時代遅れ」です

いまお使いの PHS は2020年7月にサービス終了致します。
医療の現場などでは今も連絡手段として使われていますが、お使いの方々に聞いてみると色々と不満の声があります。
まずは皆さんはどんな不便さを感じているのか、医療機関にお勤めの方々に聞いてみました。

IP無線アプリ スカイトランシーバー

無線通信アプリ「スカイトランシーバー」

お手元のスマートフォンにインストールするだけで使える無線アプリです。
ダウンロードして設定すればスマホが無線機に早変わり!

  1. 免許や申請は一斉不要です。
  2. パケット通信網を使うので通話料はかかりません。
  3. 最大30ユーザー/5チャンネルまで使えます(オンライン契約の場合)。
  4. 位置情報を使って他のユーザーが今どこにいるかがすぐに分かります。
  5. テキストチャットや自動録音機能があるので聞き逃しても大丈夫。
  6. Bluetoothでインカムと接続すれば両手も自由に使えます。
PHSって、院内では何かと不便でしたね…
激務の中ではちょっとした連絡漏れや思い違いが医療ミスにも繋がり兼ねません

伝言ゲームになる連絡が面倒でしかたない…

新規の患者さんや入居者があるときなどは、送迎バスの運転手から受付や事務担当など、重要な連絡が伝言ゲームになってしまって非常に不便なときがあります。
1対1の連絡しか取れないPHSや携帯だと、どうしてもこのような連絡手段しか取れないため、ただでさえ激務に耐える現場の方々のストレスはどんどん増えるばかりです。

患者さんのケアや会話中で手が離せない時に連絡が来たら…

患者さんの前では話しづらい時もある…

就寝中や治療中の患者さんの前で大声で話すことは気が引けますし、大切な連絡を保留するわけにもいかないですよね。
その場を離れられるなら良いですが、目を離せない場面も多く、その場でもっと気軽にコミュニケーションを取れれば良いのに…と思われることもあるでしょう。

構内PHSやナースコールでは外に出たスタッフに連絡が取れません

どこにいるか分からない外出中のスタッフ…

休憩や所用で出かけているスタッフに連絡を取りたい。

でもどこにいるのか分からない。急いで確認しないといけないのに…。

そんな急を要する場面は、院内で頻繁に起こります。

その場を凌ぐ、綱渡りのような現場で神経をすり減らす毎日を送っていませんか?

そんな状態ではいつ何が起こっても不思議ではないと思います。

そんなPHSの不便なところはIP無線スマートフォンアプリのスカイトランシーバーが解決します
スカイトランシーバーに替えるとどれくらい便利なの?

スタッフ全員と同時に話せる

スカイトランシーバーはこれまで1対1でしか話せなかったPHSとは違い、自分から他の全員に一斉に連絡することができます。
もう伝言ゲームをする必要がなくなるので、連絡漏れで何度も同じ事を話したり、伝わってない人がいて混乱することもなくなります。
さらに、スマートフォンは電波が微弱でPHSよりも医療機器への影響が少ないという調査結果もあります。
PHSとスマートフォンを二台持ち歩く必要もありません。

グループ全員へ一斉同報する機能があり、情報共有が格段に楽になります。

テキストで伝えたり、録音もできる

音声だけではなく文字でも交信出来るので、重要な伝達事項も患者さんを気にせずにやり取りできるようになります。
そして、音声メッセージは常に録音されているので、万が一聞き逃しても後で聞き直すことが可能です。
何かと手が話せない現場でどうしても連絡が受けられない場合もこれで安心して集中できます。

テキストチャット機能、通話録音機能など便利な機能が沢山

居場所が地図で探せて、院外にも繋がる

休憩や所用で外に出ているスタッフがどこにいるのかは地図機能ですぐに居場所が分かります
もちろん急に連絡を取りたい場合も、PHSがサービス終了になっても普通に会話することが可能です。
しかも、通常の音声通話は災害時に制限が掛かってしまい、肝心なときに通話ができなくなる恐れがありますが、スカイトランシーバーはパケット通信網を使って通話を行うため、音声通話と比べて制限がかかりにくいという利点があります。

通話履歴から発話者の位置情報が確認できます
スカイトランシーバーは累計利用者数1万人突破、大手事業者や官公庁にも採用されているアプリです
スカイトランシーバーは各種メディアにも取り上げられました

◇コールセンタージャパン(株式会社リックテレコム)

9月28日 『NESICとQAC、スマホ向けIP無線アプリ「スカイトランシーバー」を販売開始』

◇日刊工業新聞

10月4日 朝刊10面 に掲載。

◇プレスリリースを転載いただきました。

【朝日新聞デジタル】,【excite ニュース】,【株式会社共同通信社】,【共同通信デジタル】,【SankeiBiz】,週刊エコノミスト】,【デジタル毎日「プレスリリースコーナー」】,【楽天Infoseekニュース】
…他多数。

スカイトランシーバーは1ユーザー1ヶ月 のところ、

をご利用頂けます。

この機会にあなたの職場でその便利な機能をお試しください。

お申込みはこちらから
スカイトランシーバーを体験する、14日間無料モニター

無料モニターをご利用頂くためにはお申込みが必要です(無料モニターは3ユーザー、1チャンネルまでとなります) 。
こちらのフォームにご入力頂きますとマイページが作られます。
ご返信するメールの内容に従って登録が済めば、すぐに無料でお試し頂けます。

無料モニター終了後は自動では有料版には切り替わりません。

引き続きサービスをご利用になりたい方はマイページから有料版への切り替え手続きを行ってください。

  • グループID用文字列について

グループID用文字列とはログイン時のユーザーIDの一部として登録する文字列です。 例えば「qag」と登録すると User01@qag という形で利用されます。 登録可能な文字種は半角英数と「+」「-」「.」で50文字以内、大文字・小文字は同一文字として扱います。
Top

もっと詳しく知りたい方はこちらからSkyTransceiver公式サイトをご覧下さい。

各種機能や特長、お客様の声、良くあるご質問やオプションなど、多くの情報を掲載していますので、きっと知りたいことがここにあります。
お問い合わせフォームもございますのでお気軽にご利用下さい。

スカイトランシーバーはNECネッツエスアイ株式会社が製作/運営し、キューアンドエー株式会社が販売致します