IP無線アプリのメリット・デメリット

IP無線アプリなら専用端末不要!スマホで快適な通信ができる

IP無線アプリのメリット・デメリット

IP無線アプリならスマホをトランシーバーのように使うことができます。初期費用は無料なため、トランシーバーを新たに購入するよりも経済的です。ただ、IP無線アプリをこれまで使ったことがない人にとっては、どこまで信頼して利用できるのか疑問かもしれません。

そこで、今回はIP無線アプリとはどのようなものなのか、メリットとデメリットを含めて解説します。

IP無線アプリとはどのようなものなのか?

IP無線アプリをスマホにインストールすると、携帯電話の電波が届く場所であれば、トランシーバーのような連絡手段として使うことができるようになります。

その用途からトランシーバーアプリとも呼ばれており、災害時の連絡手段などで重要な役割を果たしています。

初期費用はかかりませんし、特別な資格や免許も必要ありません。誰でも手軽に利用できることが、IP無線アプリの大きな特徴です。

それでは、トランシーバーの本体を購入して使用することと、IP無線アプリをスマホにインストールして使うのとでは、どちらに優位性があるのでしょうか。

初期費用の面でいえば、わざわざトランシーバーを購入しなくても利用できるIP無線アプリが優れているといえます。

また、使用するうえでの手軽さにおいても、IP無線アプリを選ぶ人が多いでしょう。自分のスマホがトランシーバー代わりに使えるわけですから、持ち運びを手間だと感じる人は少ないはずです。

ただ、IP無線アプリを利用していると、スマホのバッテリーをかなり消費してしまう場合があります。バッテリー残量をあまり気にせずに使えるという点では、従来のトランシーバーは使いやすいです。

IP無線アプリのメリットとデメリットを紹介

IP無線アプリのメリットとデメリットを紹介
誰でも手軽に利用できるIP無線アプリですが、より具体的にそのメリットとデメリットを探っていきましょう。まずは、利用するメリットからです。IP無線アプリは、携帯電話の通信網に相乗りする形で利用できます。そのため、従来のトランシーバーと比べると、利用できる範囲が格段に広くなるのです。

携帯電話の電波が届く場所であれば、どこでも利用できます。距離が離れると通話しにくくなるといったことはありません。さらには、1対1の音声通話だけでなく、グループでの通話も自由に行うことができます。複数の利用者たちと迅速に情報交換をするには、IP無線アプリが便利です。

費用面においてもIP無線アプリに優位性があります。スマホが手元にあれば、アプリをインストール後に登録するだけで利用可能なため初期費用がかかりません。アプリの種類によっては月額使用料がかかるサービスもありますが、トランシーバー本体を購入するよりは安上がりです。

また機能面においても、IP無線アプリを起動したスマホは混線の心配がいりません。ノイズキャンセリング機能などが搭載されているアプリでは、音声が聞き取りやすく、雑音もないというメリットがあります。とりわけ災害時などには、身近な人の安否や被害状況を確認するうえで、混線をしないIP無線アプリは役立つでしょう。

次に、IP無線アプリを利用するデメリットについても見ていきましょう。IP無線アプリを起動しているスマホは、バッテリーの減りが激しい場合があります。充電器をこまめに使うことができない状況では、バッテリー残量を気にしながらスマホを利用することがストレスになるでしょう。

また、IP無線アプリは携帯電話の通信網を使用していることから、電波が届かない地域では利用できません。電波が十分でない特定環境などで利用するときには注意が必要です。それらのことに加えて、操作性の問題もあります。

従来のトランシーバーがスイッチ1つで連絡できることに比べて、IP無線アプリでは使用するたびにアプリへのログインが必要になります。仕事でIP無線アプリを使う際には、緊急時などでこのような手間をかけていられない状況もあるかもしれません。自分に合った連絡手段を選ぶ必要があります。

NECネッツエスアイの「スカイトランシーバー」

おすすめIP無線アプリ「スカイトランシーバー」引用元:https://skytc.jp/

ここでご紹介するIP無線アプリは、NECネッツエスアイ株式会社が運営する「スカイトランシーバー」です。
NECネッツエスアイがサービス提供するスカイトランシーバーは、業界最高レベルの音質・性能、安全性を誇り、累計利用者数10,000人を突破。大手企業や官公庁を含む、多くの業界・業種で採用されています。

そんなスカイトランシーバーには以下の機能が搭載されています。

  • 音声機能
  • グループ管理機能
  • テキストチャット機能
  • 録音・再生機能
  • 発信者位置情報機能

他のIP無線アプリと同様、スカイトランシーバーもスマホの端末さえあれば、登録当日から利用することができます。AndoroidとiOSの双方で利用が可能なので、ほとんどのスマホ端末に対応しています。

また、スカイトランシーバーでは、専用の装置(スカイトランシーバーゲートウェイ)を使用すれば、既存の無線機(アナログ無線機/デジタル無線機/IP無線機)と連携することができます。スカイトランシーバーゲートウェイは有料のサービスではありますが、今ご利用中の無線機やトランシーバーとスカイトランシーバーを連携させることで、既存の機器も無駄なく活用できるというのは大きなメリット。

スカイトランシーバーの利用料は定額で月額1,000円/1ユーザー(税別)。専用端末を購入したり、レンタルしたりする費用がかからない分、従来の無線よりもコストを抑えることができます。

スカイトランシーバーは、工事現場や災害現場、医療現場などはもちろん、日常の業務の連絡手段としても活用が可能。内線電話や社用携帯の代わりに、スカイトランシーバー上でやり取りを行えば、音声やテキストでやり取りの記録が残るので、聞き逃しや言った言わない問題の解決にも役立ちます。

従来の無線機やトランシーバー、インカムの代わりとしてはもちろん、新しいコミニュケーションツールとしても、スカイトランシーバーはおすすめです。

IP無線アプリは低コストで使いやすい!

IP無線アプリは初期費用がかからず、自分のスマホにインストールするだけで利用できるという手軽さが魅力です。

トランシーバーを購入するよりもメリットが多く、他の通話アプリにはない利便性もあります。1対1の音声通話だけでなく、1対複数人の情報交換にも最適です。IP無線アプリは、日常業務での連絡手段や災害の備えとしてなど幅広い場面・用途でおすすめできます。

そんなスカイトランシーバーは14日間無料でお試しいただけけます。実際にサービスを使ってみていただくことで、IP無線アプリの便利さをぜひ実感してみてください。

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。