スマホで使える「トランシーバーアプリ」とは?

トランシーバーアプリのメリット・デメリット

スマホで使える「トランシーバーアプリ」とは?

トランシーバーとは、通信料不要で複数の人と簡単にコミュニケーションが取れる無線機器のことです。主にスポーツ大会や工事現場で使われており、人数や通信距離、免許の有無などによって様々な種類に分かれています。

通常、トランシーバーを利用する際は、専用の無線機を用意しなければなりません。しかし最近はスマホにインストールするだけで利用できる「トランシーバーアプリ」が登場し、その使い勝手の良さから人気を集めています。

ここでは、スマホ用トランシーバーアプリの特徴とメリット・デメリットについて解説。またAndroidやiPhoneで利用できるおすすめトランシーバーアプリの紹介もしています。

スマホ用トランシーバーアプリの導入を検討している企業・団体の方はぜひご参照ください。

スマホのトランシーバーアプリとは?

トランシーバーアプリとはその名の通り、スマホにインストールするだけでトランシーバー機能を利用できるようになるアプリのことです。携帯キャリアの回線やWi-Fi、Bluetooth(ブルートゥース)など通信方法はアプリによって様々。

スマホの保有率が高い現代では、様々なシーンで有効活用できるでしょう。トランシーバーアプリには、無料のものと有料のものがあります。
無料のものだと個人間や家族間でのコミュニケーションに有効です。例えば、お祭りやイベントなどの人混みで家族・友人とはぐれた場合、トランシーバーアプリなら複数人と会話ができるため効率良く連絡を取り合えます。

またサバゲーやツーリング、サイクリングなど少し離れた位置での会話が必要なスポーツでも多く利用されています。 専門知識や免許も不要という手軽さもあり、急速に導入が進んでいるアプリです。

また有料の企業向けトランシーバーアプリは、従来のトランシーバーや無線機、インカムの代替サービスとして利用できます。導入コストが低いことや、機能面が充実していることから、ビジネスでの利用が急速に広がっています。

ではそんな、スマホ用のトランシーバーアプリにはどのような機能があるのでしょうか?

トランシーバーアプリの特徴と主な機能

トランシーバーアプリの最大の特徴は、専用の無線機を用意する必要が無く、スマホ1台で様々な機能が利用できるという点です。小型のものであっても、スマホとトランシーバーの両方を持ち歩くのは面倒ですし、慣れていないとどこかに置き忘れてしまうといったリスクもあります。

トランシーバーアプリを使えば普段持ち歩いているスマホがそのまま無線機になるため、紛失や置き忘れなどの心配はあまりないでしょう。またトランシーバーアプリなら、アプリをインストールして登録をするだけで、最短申し込み当日から利用できるため、無線機を購入する費用や手間、期間を省けるのもポイントです。

トランシーバーアプリの基本的な機能には以下のようなものがあります。

  • 個人または複数人へ音声の発信・着信
  • 電話中の会話の自動録音・再生
  • テキスト送受信
  • 位置情報管理
  • グループの作成・管理

グループでの会話やテキストのやり取りは既存のコミュニケーションアプリでも可能なので、一見するとトランシーバーアプリとの違いが分からないかもしれません。続いて、トランシーバーアプリと従来の無線機や他のスマホアプリとの違いを見ていきましょう。

他の通信機との違い

従来の無線機や他のスマホアプリとの違いは、利用する際にかかる費用と通信できる距離にあります。
まず利用する際にかかる費用ですが、従来の無線機の場合は当然、無線機そのものの購入が必要です。

また多くの人が使用している「コミュニケーションアプリ」の場合、プライベートで使用している人が多いので、個人的なやり取りと仕事のやり取りが混ざってしまうというリスクがあります。休みの日に仕事の連絡が来るといったことは避けたいものです。さらに機能面でも、プライベート使用に特化されたコミニュケーションアプリにはなくて、トランシーバーアプリにはあるという機能が多くあります。

例えば、一般的に利用されているコミニュケーションアプリで、複数人間のやり取りをしたい場合は、グループを作成する必要がありますが、トランシーバーアプリなら「チャンネル」を合わせるだけで、複数人とのやり取りが可能に。会話の音声は一定期間自動で保存されるので、聞き逃すといった心配がありません。

以上のことから、ビジネス上のコミュニケーションはトランシーバーアプリが圧倒的に便利と言えます。

続いて通信できる距離ですが、こちらは必ずしもトランシーバーアプリが優位に立っているわけではありません。例えばBluetoothでペアリングをするタイプのトランシーバーアプリは、通信できる距離が20メートル前後までに限られます。屋外などスペースの広い場所ではBluetoothが届かず、機能を十分に発揮できないのです。

従来の無線機も中継器がないと広範囲での利用はできないため、通信できる距離という点でプライベート使用を目的とした既存のコミニュケーションアプリの利便性が高いと言えるでしょう。しかし、中には携帯キャリアの回線を使うことで広域の通信に対応したトランシーバーアプリもあります。

こちらについては後ほど詳しくご紹介します。

スマホアプリのメリットとデメリット

スマホアプリのメリットとデメリット
ここまでお伝えしたスマホ用トランシーバーアプリの特徴や機能を踏まえ、実際に利用するときのメリットとデメリットをまとめました。

トランシーバーアプリのメリット

トランシーバーアプリを使うメリットには以下のようなものがあります。

  • 専用の無線機やインカムがいらない
  • 通話料がかからない(パケット通信料はかかる)
  • 免許や専門知識がなくても使える
  • ボイスを自動録音するため後から聞き直せる(アプリよっては自動録音機能がない場合もある)

トランシーバーアプリは、やはりインストール・オンライン登録をするだけで使える手軽さが最大のメリットと言えるでしょう。無線機を購入したり、免許の申請をしたりする手間がなく、すぐに使い始められるのが魅力。ハンズフリーで利用したい場合も、無線機はヘッドセットなどの用意が必要ですが、スマホの場合はイヤホンを指すだけで済みます。

また前述した通り、トランシーバーアプリを経由した会話は自動で録音されるため、あとから何度でも聞き直すことができます。周りの雑音などで会話がうまく聞き取れなかった場合でも安心です。

トランシーバーアプリのデメリット

一方、トランシーバーアプリには以下のようなデメリットもあります。

  • 利用できる範囲が限られている(Bluetoothタイプの場合)
  • Androidのみ、iPhoneのみなど機種が限定されるアプリがある
  • 保障やサポートが不十分

無料でインストールできるアプリはサポート体制が整っておらず、不具合が起きてもきちんと対処してもらえない可能性があります。緊急時にアプリが使えないという状況になってしまっては意味がありませんよね。

このようなデメリットを回避するための方法として、有料トランシーバーアプリの利用が挙げられます。無料アプリは費用がかからないという点で非常に魅力的ですが、どうしても機能に限界があります。

最後に、低価格で利用できるおすすめスマホ用トランシーバーアプリ「スカイトランシーバー」について見ていきましょう。

おすすめのトランシーバーアプリ「スカイトランシーバー」

おすすめのトランシーバーアプリ「スカイトランシーバー」<
スカイトランシーバーは、NECネッツエスアイがサービス提供するIP無線アプリです。無料のトランシーバーアプリでは実現できない機能を多数搭載しています。

スカイトランシーバーの特徴

スカイトランシーバーの特徴は、携帯キャリアの回線を使用しているという点。3G・LTE・Wi-Fiなどを経由して通信を行うため、各キャリアが対応しているエリアであれば広域の通信も可能となります。従来の無線機やBluetoothタイプのアプリのように通信距離の制限に悩む必要が無くなります。

データ通信を行うため通信料はかかりますが、距離を気にせず通信できるのは大きな利点です。また通信は暗号化されるため、従来の無線機にありがちな混信や盗聴といった心配もありません。Android・iPhone(iOS)に対応している他、格安SIMのスマートフォンでも利用することができます。

スカイトランシーバーの使い方

スカイトランシーバーを利用するにはオンラインでの申し込みが必要となります。「無料モニター」導入までの流れは以下の3ステップです。

  1. 公式サイトの専用フォームから申し込み
  2. 仮登録メールに記載があるURLをクリック(マイページが作成されます)
  3. アプリをインストールしてユーザー登録

無料モニターの導入が完了したら、一緒にスカイトランシーバーを利用するユーザーへ情報を通知しましょう。

また、有料版の導入は「マイページ」から行うことができます。

スカイトランシーバーの利用料金

スカイトランシーバーは1ユーザーにつき月額1,000円(税別)の利用料がかかります。
初期費用や登録料などは不要で、「ユーザー数×月額料金」という分かりやすい料金設定。

また有料版に登録する前に、無料で14日間のお試し利用が可能です。導入を検討している方はひとまず無料モニターを利用してみるのがおすすめです。

無料版 有料版
料金 無料(登録から14日間のみ) 1ユーザーにつき月額1,000円(税別)
登録可能ユーザー数 3ユーザー 30ユーザー
登録可能チャンネル数 1チャンネル 5チャンネル

有料版を利用している場合で30ユーザー・5チャンネル以上の利用を希望する場合は、別途見積もりが必要となります。
月額システムのため解約金などが発生することはありません。

まとめ

  • トランシーバーアプリを使えばスマホが無線機代わりになる
  • 従来の無線機と比べ費用や手間が抑えられる
  • 広域通信にも対応のスカイトランシーバーがおすすめ

スカイトランシーバーは通信距離の制限という従来の無線機や無料トランシーバーアプリの弱点を克服し、広域での通信を実現しました。

Bluetoothを利用したワイヤレスのPTTボタンやマイク、また有線のマイクイヤホンなどハンズフリー可能なオプションも販売されているので、合わせて導入を検討してみてくださいね。

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。