消防団、消防向けおすすめ無線アプリを紹介

地域の消防団や消防向けにぜひ一度試していただきたい無線アプリをご紹介

消防団、消防向けおすすめ無線アプリを紹介

地震や火災などの災害が発生した際、消防署や地域の消防団は迅速な対応が必要になります。

本部と現地、また各被災地同士での連絡手段としてトランシーバーや業務用の無線機を導入しているところも多いのではないでしょうか。

無線機はボタン1つで通信ができ非常に便利ですが、通信可能距離や導入コストなどの面でデメリットも存在します。

そこでおすすめしたいのが、無線機の機能をスマホで再現できる「無線アプリ」。

ここでは、無線アプリの特徴と、消防や救急のシーンで役立つおすすめ無線アプリ「スカイトランシーバー」を紹介しています。

消防だけでなく、救急や警察署などでも役に立ちますので、アプリの導入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

消防団に無線アプリをおすすめする理由

消防団に無線アプリをおすすめする理由
災害時、消防にあたる人々にはより迅速かつより正確な情報伝達が求められます。
1人でも多くの被災者を助けるため、間違った情報を伝えて無駄な時間を消費してしまうことのないよう細心の注意が必要です。

トランシーバーや業務用無線機の場合、電波の届く距離に限界があったり、導入コストが高額であったりするなどのデメリットがあります。

無線アプリではこのような問題が解消されており、様々な消防活動の場で活用することが可能となりました。

まずは無線アプリが持つ豊富なメリットについて詳しく見ていきましょう。

無線アプリはメリットが豊富

トランシーバーや業務用無線には、以下のようなデメリットがあります。

  • 通信可能な距離に限界がある
  • 建物など障害物の影響を受けやすい
  • 機器の購入やレンタルにコストがかかる
  • 混信による傍受・盗聴の心配がある
  • 業務用無線は免許やアンテナの設置が必要になる

従来の無線機は、お互いの電波を直接キャッチすることで通信を行うという仕組みになっています。

そのため一定の距離を超えていたり、建物などの障害物を隔てていたりすると、接続が不安定になり通信ができなくなるのです。

一方無線アプリの多くはIP方式で通信を行っているため、携帯電話の電波が入るエリアであれば全国どこでも通信が可能。

日常のパトロールや災害時の遠方への出動など、広範囲にわたって業務を行う場合でも安心です。

また無線機を使う場合は、必要数の専用機器を購入またはレンタルして揃える必要があります。
数によっては機器の準備だけで高額な費用がかかる場合もあり、コスト面の問題から導入をためらっているところも多いのではないでしょうか。

無線アプリならスマホを無線機として使うことができるため、別途機器を準備する必要はありません。

月額利用料やパケット通信費用を合わせても、機器購入やレンタルと比較してコスパが良いと言えるでしょう。

更に、無線アプリでは音声をパケットデータに変換・暗号化して送受信しており、会話の傍受や盗聴といった心配も無用。(IP方式の場合)

スマホで使えるアプリなので免許や資格などももちろん不要です。
このように、無線アプリは従来の無線機が持つデメリットを解消した非常に便利な存在なのです。

BCP対策としても活用できる

BCP対策とは、有事の際、企業がどのように連絡・指示を行うのかを取り決める計画のことです。
社員の安否確認や、位置情報に基づいた行動指示などをスムーズに行うことで、その後の企業の評価にも影響します。

携帯電話での通話の場合、1人1人の連絡先を選んだり、直接番号を入力したりするといった手間がかかります。

多くのスタッフがいる企業でこの連絡方法をとると、全てのスタッフへ情報が行き渡るまでに多くの時間を費やしてしまうでしょう。

無線アプリならチャンネルを選択するだけで、設定したメンバーへ一括連絡を行うことが可能。

1対多数という形で音声発信ができる他、位置情報管理機能によって現在地の把握も容易です。
素早い連絡・指示ができるため、消防や救急のシーンをはじめ、様々な企業で無線アプリの導入が進んでいます。

消防団で使えるおすすめ無線アプリ「スカイトランシーバー」

消防団で使えるおすすめ無線アプリ「スカイトランシーバー」
ここからは、消防や救急など様々なシーンで活躍する無線アプリ「スカイトランシーバー」についてご紹介。

スカイトランシーバーは、NECネッツエスアイから提供されている無線アプリです。
消防署・消防団での利用に役立つ機能が揃っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スカイトランシーバーの機能

スカイトランシーバーの主な機能は以下の通りです。

  • 音声機能(1対1・1対多数)
  • グループ管理機能
  • テキストチャット機能
  • 録音・再生機能
  • 発信者位置情報管理機能

音声機能(1対1・1対多数)

スカイトランシーバーでは1対1または1対多数という形での音声発信が可能です。
携帯電話での通話は1対1のみとなっており、多くのスタッフへ連絡する場合に時間がかかってしまいます。

また1人1人の連絡先を探したり、番号を入力したりするのは手間ですよね。

スカイトランシーバーならワンタップで必要なメンバーに連絡・指示を出すことができます。
PTTボタン・イヤホンなどのオプションを利用すればハンズフリーで通話ができるため、消防車の運転中などでも便利です。

グループ管理機能

スカイトランシーバーでは必要に応じてメンバーを設定した「チャンネル」を作ることができます。

チャンネルをタップするだけで通話相手を切り替えられるので、各部署に迅速な指示を出すことが可能です。

テキストチャット機能

メールやその他通信アプリのように、テキストによるやり取りが行える機能も実装されています。
スケジュールやリストなど、口頭では伝えにくい情報をグループ内で共有する際に便利です。

録音・再生機能

通話時の音声はアプリ内で録音・再生できるようになっています。
履歴一覧からいつでも録音データを再生可能なので、聞き逃した情報を確認するといった際に役立ちます。

発信者位置情報管理機能

スカイトランシーバーではGPS情報の取得によって位置情報の通知を行うことが可能です。
受信者はマップ上で相手の位置を把握できるので、現在位置に基づいてスムーズな連絡・指示が出せるでしょう。

消防や救急のシーンではより迅速な対応が求められます。
道に迷ったり、遠回りしたりして無駄な時間を消費しないよう、位置情報機能を活用してみてください。

スカイトランシーバーの利用料金

スカイトランシーバーは1ユーザーにつき、1,000円(税別)の月額利用料がかかります。
IP方式で通信を行うためパケット通信費用も発生しますが、従来の無線機のような初期費用・機器購入費用は必要ありません。

無線機をレンタルする場合、月額3,000円~4,000円程度が相場となっているため、スカイトランシーバーは割安で利用できると言えます。

また月額課金制なので、解約に伴う違約金などが発生する心配も無用。
スカイトランシーバーは最初から有料ではなく、トライアルという形で14日間の無料お試し利用ができます。

使用感をチェックしてから導入可否を判断できるので、ぜひ一度試してみてください。

更に、オプション製品のゲートウェイを購入することで、従来の無線機とスカイトランシーバーの連携もできるようになります。

既にある無線機を無駄にせず、コストを抑えながら段階的にアプリへ移行させられるのも魅力です。

その他、ハンズフリーで使いたい方におすすめのPTTボタン・イヤホンや、指令局機能を持つWindows版アプリなども提供されています。

Windows版には緊急時の割り込み機能が搭載されており、各チャンネルへ優先的に音声発信をすることが可能です。

スカイトランシーバーの導入方法

スカイトランシーバーの申し込みは、スカイトランシーバーの公式サイトから行うことができます。

手順に従ってアカウントを登録し、スカイトランシーバーのアプリからログインして利用開始という流れになります。

トライアル期間の終了後に本登録を行う場合は、マイページからの利用再開が必要。
自動的に有料版へ移行してしまうことはないので、安心して利用できるでしょう。

スカイトランシーバーの詳細

主な機能 音声機能(1対1・1対多数)
グループ管理機能
テキストチャット機能
録音・再生機能
発信者位置情報管理機能
通信方式 IP方式
利用料金 1ユーザーにつき月額1,000円(税別) ※14日間無料お試し可能
オプション Bluetooth対応PTTボタン/PTT内蔵イヤホン/ゲートウェイ(既存無線機との連携)/
司令局機能(Windowsアプリケーション)

まとめ

まとめ

  • 消防署・消防団の連絡手段として無線アプリは非常におすすめ
  • IP方式の無線アプリなら距離・障害物に関係なくどこでも安定した通信が可能
  • スカイトランシーバーなら低コストで導入でき、消防関係の組織にも最適

消防団には「団波」という専用の周波数がありますが、時代とともにアナログ波からデジタル波へと移行が進んでいます。

この機会に無線アプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。