スマホで利用できる「IPトランシーバーアプリ」とは?

IPトランシーバーアプリの選び方

スマホで利用できる「IPトランシーバーアプリ」とは?

IPトランシーバーとは携帯電話会社の通信網を使用することで広範囲での通話を実現したトランシーバーのこと。

従来の無線機とは違い、資格の申請が不要です。IPトランシーバーは1対1の会話はもちろん、複数人と同時に会話をすることも可能です。
IPトランシーバーアプリとは、スマホにダウンロードするだけでIPトランシーバーの機能がそのまま使えるアプリ。

この記事では、そんなIPトランシーバーアプリの特徴や機能、おすすめのアプリなどをご紹介します。無料版と有料版で迷っている方には、IPトランシーバーアプリの選び方についても触れていますのでぜひ最後までご覧ください。

スマホで使えるIPトランシーバーアプリとは?

スマホで使えるIPトランシーバーアプリとは?
IPトランシーバーアプリとは、スマホにダウンロードすることで、スマホがIPトランシーバーのように使用できるアプリのことです。IPトランシーバーは「IP無線」とも呼ばれ、携帯電話などの通信データ機能を使ったトランシーバーのこと。

これまでのトランシーバーは基地局から発信される電波の強弱や、建物・植物などの遮蔽物で必ずしもスムーズな通信ができないことがありました。

さらに通信が大掛かりになると基地局の設置やメンテナンス、無線技士免許などコストがかかることが多かったのです。

しかし、IPトランシーバーの場合はデータ回線を使っているため、新たな基地局の設置や免許取得をする必要はありません。

また、電波の強弱や遮蔽物を気にせず、日本全国どこでもスムーズにつながることができます。

IPトランシーバーは従来の無線機の弱点をほぼカバーした存在だと言えるでしょう。IPトランシーバーが最大限活用できる利用方法としては、マラソンなど規模の大きいスポーツイベントや災害時があげられます。

IPトランシーバーアプリはスマホそのものがデータ回線を使用しているため、IPトランシーバーの機能をそのまま使用することができます。

アメリカではハリケーンの災害時に無料のIPトランシーバーアプリが重宝され、アプリのダウンロード数が第1位になったことでも話題になりました。日本でもこのIPトランシーバーアプリの開発は進み、複数のサービス提供事業者から様々な機能を持ったIPトランシーバーアプリを提供しています。

アプリによっては有料のものもありますが、そのほとんどはトライアルで一定期間無料で利用可能です。有料アプリでは、サポート体制やセキュリティがしっかりしていたり、機能が充実していたりと、有料アプリならではのメリットがあります。

特にビジネスシーンでの利用は、サポート体制と品質の優れた有料版アプリを使用することをおすすめします。

IPトランシーバーアプリは、1対1の通話だけでなく複数メンバーの通話が可能です。有料で使用するアプリもありますが、通話料はかからない上に携帯電話のように回線が混雑することもありませんので、クリアな音声でスムーズに相手と会話することができます。

電話番号の登録も不要なので、スマホの操作に戸惑う人でも簡単に操作して相手と会話できるのも長所。仕事で突然IPトランシーバーが必要になった時にもスマホをIPトランシーバー代わりに使えるなど、非常に便利な機能が満載のアプリです。

信頼の「スカイトランシーバー」がおすすめ

人気の有料IPトランシーバーアプリをピックアップ
有料で使用できるIPトランシーバーアプリはいくつかありますが、中でも特に注目を浴びているのがNECネッツエスアイがサービス提供する「スカイトランシーバー」。

専用機器やオプション機能を組み合わせることで、スマホの機能をフル活用しながらIPトランシーバーとして利用できる便利なアプリです。このアプリをダウンロードすると、グループ登録したメンバー全員に音声や位置情報などを一斉送信して情報共有できます。

専用のBluetooth機器を使うと、スマホのパネルに触れずにハンズフリー操作でトランシーバー機能をフル活用できます。

音声だけでなくテキストメッセージでコミュニケーションを行ったり、「スカイトランシーバーゲートウェイ」というオプション機能を使ったりすることで従来の無線機とも接続が可能に。

このようにIPトランシーバーアプリは機能面、コスト面で優れているため、広範囲の工事現場やイベント、災害現場などあらゆる場面で活躍しています。

IPトランシーバーアプリの使用感を確かめてから購入を検討したい場合は、14日間の無料トライアルもあります。スカイトランシーバーのライセンス費用は1ユーザーあたり月額1,000円(税別)で、初期費用・登録費用は不要です。

IPトランシーバーアプリはどのように選べばいいの?

どのように選べばいいの?
IPトランシーバー選びにおいて最も大切なことは、ユーザーが使用目的を明確にし、それに適したアプリをダウンロードすることでしょう。

学生同士の簡単なやり取りや趣味仲間同士で連絡を取り合う、災害時に備えて揃えておきたいと考えている人は、無料でダウンロードできるアプリで十分かもしれません。

一方、工事現場や各種イベントなど、常に連携を取らなければいけないビジネスの現場では、サポートも機能も充実している有料のIPトランシーバーアプリがおすすめ。

無料アプリの場合は登録人数も10ユーザー前後が一般的ですが、スカイトランシーバーのような有料アプリは最大500ユーザーの登録が可能なので、大人数での連携もカバーすることができます。

また、有料アプリとしてご紹介したスカイトランシーバーは、1ユーザーあたり月額1,000円(税別)と手ごろな価格で利用できる点も魅力です。

さらに、スカイトランシーバーはオプションのアクセサリー機器につなげばタッチパネルに触れなくても通話が可能に。

NECネッツエスアイが提供するスカイトランシーバーは、高いセキュリティを誇っており、信用第一のビジネスでの使用に特におすすめできます。

特に、現在従来の無線機やトランシーバーをお使いの方は、IPトランシーバーアプリの方がより手軽に操作できますので使いこなすと手放せなくなるでしょう。

まとめ

まとめ〜比較して自分に合ったものを選ぼう!〜
携帯電話の通信網やWi-Fiなどのデータ通信回線を使って利用できるIPトランシーバーアプリは、スマホにダウンロードしておくと非常に便利なツールです。災害時はもちろんのこと、普段の業務にも有効活用できるでしょう。

今回ご紹介させていただいたスカイトランシーバーは、14日間無料でお試しいただけます。IPトランシーバーをご検討中の方はぜひ一度、スカイトランシーバーの便利さを体感してみてください。

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。